感染症にかかってしまわない為の配慮


感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2015-01-17


効果的な減量の方法といえば、
やはり、栄養バランスのとれた食事をしっかりと食べて、
体操して減量するという方法ではないでしょうか。

どのくらい減量したいかにもよりますが、
ある程度の体重を落としたいなら、
食生活の改善と食事は、減量に不可欠です。

健康的に減量するための食事の目安としては、
脂肪分が食事全体の30%未満で、タンパク質が20%くらい、
野菜や果物は一杯食べて、
色んな種類の炭水化物を50〜60%くらい摂るのが良いそうです。

油を抜くとか、脂肪を全然摂らないとか、
炭水化物を極端に減らしたり、抜いたりとかは、
絶対にやめましょう!

栄養の偏った食事で、
一時的に体重を落としたとしても、
元の食事に戻すと、
あっという間にリバウンドをしてしまいますし、
病気を引き起こす要因にもなりかねませんよ!

バランスの良い食事を摂り、間食を減らすのが、
減量には最適なのです。

また、食生活の改善と一緒に体操も行ないましょう。
その時に気をつけたいのが、
体操したから、少しくらい食べても大丈夫と油断してしまうことです。

せっかく体操しても、それ以上にカロリーをとってしまっては
減量になりません。
体操で消費されるカロリーって、驚くほど少ないんですよね。

逆に、お菓子を食べたくなった時、
このカロリーを消費するためには、
どのくらい体操しなければいけないかと考えたら、
少しは間食が減るかもしれませんね。

とりあえずは、今よりも体操量を増やして、
間食と外食を極力減らすことから
減量を始めてみてはいかがでしょうか。


インプラント 名医
インプラント 名医の紹介
https://www.akasakashika.com/lp/imprant/

無料占いならクリック
無料占い
http://petite-petal.com/free/


レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る