レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017-08-21

おれは、
30代前半で円形脱毛症、30代後半で胃潰瘍、40代前半で再び円形脱毛症…

その都度病院では、
「ストレスを溜め込まないようにしてください。
ストレスを発散すれば治りますから」と言われました。

おれは、ストレスの発散に日本酒の力を借りていました。

ところが、
数年前に肝臓を悪くし、医者からは禁酒の指示。
どうストレス発散をすればよいのか、思いあぐねていました。

元来スポーツ好きのおれでしたが、
30代で首と腰のヘルニアをわずらってからは軽いトレーニングしかできず、
本格的なスポーツからは遠ざかっていました。

日本酒もトレーニングもダメ、これといった趣味もありません。
ストレス発散の方法を見つけることがストレスになりそうでした。

晩酌もできず暇をもてあましていたある日、
月夜に誘われ犬の散歩に出かけました。

帰宅後すぐ風呂に入ると、
歩いて代謝が良くなったせいかいつもより汗が早く大量に出て、
身体も頭もスッキリしていました。

「これだ!」と思い、それからは犬の散歩が日課となりました。
そして、風呂で心も身体もにスッキリした状態で布団に入れば、
8時までぐっすりです。

季節によって違う風景や、
毎日移ろう月の満ち欠けや星の輝きを眺めることで、
次第に散歩自体が楽しくなってきました。

イヤなことを忘れることもでき、
身体を動かすことで
脳も身体も毎日リフレッシュできる気がします。

晩酌代わりの散歩でストレスと一緒に汗も発散し、
充実感に浸りながらぐっすり眠る…
これが、おれの見つけたストレス解消法です。

初めの頃は、おれの気分次第で距離が変わる散歩に、
犬はちょっと迷惑顔でした。

しかし、
最近は「おれの散歩」に付き合っていることを悟ったのか、
諦め顔でついてきてくれます。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

レーシック後の効果が安定する期間
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来はレーシックを選択